明日あたりがんばる。

 ── 半径2キロメートル以内の寄り道。

大阪プロレス 04.29 IMPホール/インデックス

大阪プロレス「12周年記念興行」4.29大阪IMPホール大会の写真。
各試合のページへのインデックスです。

オープニング

第1試合
 ツバサ & ブラックバファロー vs ビリーケン・キッド & ペロ

第2試合
 小峠篤司 & 原田大輔 & アルティメット・スパイダーJr & 瀬戸口直貴 & 三原一晃
      vs
 ヲロチ & タダスケ & 秀吉 & 政宗 & HAYATA

第3試合
 ユタカ & 朱里 vs 松山勘十郎 & アップルみゆき

第4試合
 ゼウス & The bodyguard(ザ・ビッグガンズ)
      vs
 鈴木みのる & 冨宅飛駈

セミファイナル
 くいしんぼう仮面 & えべっさん & タコヤキーダー
      vs
 菊タロー & ミラクルマン & 救世忍者乱丸

メインイベント
 空牙(チャンピオン) vs タイガースマスク(挑戦者)

---

大阪プロレス、サインボール投げ

この写真は、全試合終了後のサインボール投げの様子ですが、
IMPホールがいっぱいになってる様子や、
観客がみんな喜んでる’感じが伝わるでしょうか。

「12周年記念興行」ということでしたが、かなり満足度の高い興行でしたねー。
進行もキビキビしてたし、試合もバラエティに富んで、激しかったし楽しかったです。
こういう団体が大阪にあってくれて、ホントよかったと思います。

なかなか時間的に(財布的にもw)プロレス観戦はできずにいますけど、
また行きたいです。

Comment

2011.05.08 Sun 18:45  

こんばんは~♪

マサさんはほんとにプロレス好きなんですね^^
応援の熱気が伝わってきます。
男女ペアのタッグマッチってあるんですね。
始めて知りました。
プロレスラーさんも頑張ってるんですね~

2011.05.10 Tue 23:32  Re: タイトルなし

そうなんです。
もう人生の半分以上はプロレスとともにあるんだけど、
なかなか飽きませんねー。
まぁ、人生で大切なことは、すべて漫画とプロレスで学びましたしw

今は団体が増えましたので、いろいろ目新しい試合が出てきました。
えええ~?と思うようなのもあるけど、楽しみは多いですなー。

2011.05.11 Wed 08:13  プロレス

プロレスに興味を覚えたのは力道山。
馬場選手等の個人を注視した時だけです。

周囲にプロレスを語る人もなく、私は格闘技言えば、大相撲でした。
プロレスには観客を喜ばせようと、顧客を大事にする気配を感じます。

長らく離れていたプロレスを臨場感覚で見せて貰いました。
有難うございます。
  • #7ozVZe.w
  • ijin
  • URL
  • Edit

2011.05.11 Wed 21:37  Re: プロレス

相撲は僕も好きです。力道山も相撲出身ですよね。
というか、自分は身体がちょっとよくないので、
身体を使って商売してるような人は、すごい憧れます。
なので、スポーツは全部好き(見るだけですけど)。

ただ、あんまり模範的な関取は好きじゃないかも。
朝青龍とか貴闘力とか好きなんですよね。
プロレス好きだからかもしれませんけども(笑)。

プロレスは、今はテレビでも深夜にしか流れませんし、
よっぽどじゃないと目に留まらないかもしれませんね。
思い出していただければ、すごく嬉しいです。
こちらこそ、ありがとうございました。







(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

http://aroundtomorrow.blog11.fc2.com/tb.php/565-5f6e9b5d

この記事にトラックバック(FC2Blog User)

Home

about

マサ某

Author:マサ某
たらたら生きてます。

 SONY α33
 RICOH GX200
 iPhone6
 ---
 SONY α100
 IXY DIGITAL 800IS
 URBANO BARONE
 iPhone5

Instagram:masa_mur

calendar

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

categories

latest entries

archives

search

comments

trackbacks

links

RSS

count

QR code

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Top